枕の臭いで加齢臭

ある日パパの体から加齢臭が・・・

*

おばさんよりおじさんが臭う2つの理由!加齢臭の臭いを抑制する5つの方法!


(注目記事)クリアネオで加齢臭の主人のくさ〜い臭いを1週間で撃退!男性用ボディシャンプーの凄さがわかった!?

(人気の消臭)加齢臭・ワキガの強烈な臭いを完全シャットアウト!詳しくはこちらをクリック

   

distinctive

年齢を重ねるにつれ、周囲の人を不快にさせる臭いを放つようになります。本人には自覚が無いことも多く、しばしば周囲の人にとっては苛立ちの元になります。毎日お風呂に入っていても、健康に気をつけていても、いつしか放つようになる加齢臭

「おじさん臭」とも呼ばれ、中高年男性に特有の臭いのように錯覚されますが、実は、女性にも加齢臭はあります。女性にもあるのに「おじさん臭」と言われるのはどうしてでしょうか?また、不快な臭いを抑制するには、どのような方法があるでしょうか?

加齢臭の存在を科学的に裏付けたのは資生堂

近年、加齢臭は、大きな注目を集めています。臭いに敏感な現代。無臭であることがエチケットになり、臭いは過敏なほどに気にされるようになりました。ことに臭いに敏感なのが、女性。不快な臭いに対して厳しい感情を抱く女性は少なくありません。

大手化粧品メーカーの資生堂が不快感を抱かせる体臭の研究に取り組んだのは、そうした背景からです。資生堂の研究チームは、20歳代から70歳代までの男女のポロシャツに付着した臭いの成分を解析。その結果、40歳を過ぎた年代から特有の体臭成分が検出されました。2001年のことです。

検出された体臭成分は、ノネナール。ノネナールは、脂肪酸と過酸化脂質が結びついて生まれた物質です。皮脂が酸化されることによって発生する物質です。皮脂の酸化は、活性酸素が原因と考えられています。ノネナールは、若い人たちの体臭からはほとんど検出されませんでした。若い人たちの体臭からほとんど検出されず、中高年の人たちの体臭から検出されたことで、ノネナールが加齢臭の原因であると特定されました。

「加齢臭」という言葉も、資生堂の研究チームの命名です。加齢によって体臭も変化するという概念を示す言葉として命名されました。以降、加齢臭という言葉は、中高年に特有な不快な臭いとして多用されるようになります。

男性のおじさんに加齢臭が強いのは皮脂分泌量が多いから

加齢臭は、俗に「おじさん臭」とも言われます。中高年男性に加齢臭が強いためでしょう。オフィスや通勤電車で、中高年男性と身近に接することになった若い女性たちから、特に厳しい目が向けられているようです。

加齢臭の原因となっているのは、ノネナールです。ノネナールは、皮脂が酸化することで発生する物質です。ノネナールの元になる皮脂の分泌が、男性は女性よりも多いことが明らかにされています。男性の皮脂分泌量は、女性の皮脂分泌量の3倍以上と言われています。

皮脂の分泌は、年齢を重ねるにつれて多くなっていきます。一方、体内にある抗酸化物質の働きは、加齢とともに弱まっていきます。皮脂の分泌は増えるのに抗酸化物質の働きは弱まるというのが、40歳を過ぎた頃からの男性の実態です。40歳を過ぎた頃から、脂肪酸と過酸化脂質の分泌量が増えます。それに伴って、加齢臭の成分であるノネナールが急増し、加齢臭が強くなるというわけです。

加齢臭に効果のあるといわれるクリアネオを実際に使ってみました

男性のおじさんだけじゃない加齢臭は女性のおばさんにもある!

加齢臭は、実は女性にもあります。女性の場合、加齢臭が目立たないのは、身だしなみに気をつけていることに加え、女性ホルモンの働きによるところが大きいと言えます。女性ホルモンは、酸化に対する抵抗力を持ちます。そのため、女性ホルモンの分泌が盛んな間は、女性は加齢臭が抑えられています。

女性ホルモンの働きは、40歳を過ぎた頃から悪くなってきます。女性にも加齢臭がするようになるのは、40歳を過ぎた頃からです。特に、閉経を迎える更年期になると、加齢臭も強くなってきます。女性ホルモンのバランスが崩れるためです。加齢臭特有のロウソクのような臭い、古くなったチーズのような臭いが、女性からもするようになります。

男性にはミドル脂臭もあった!

女性も40歳を過ぎた頃から加齢臭がするようになります。それにもかかわらず、加齢臭が「おじさん臭」と呼ばれるほど、中年男性と結びつけて考えられるのはなぜでしょうか?

実は、男性は、30~40歳代から臭っているからです。若者の汗臭さとは違い、高齢者のいわゆる加齢臭とも微妙に違う臭い。不快な脂っぽい臭いが後頭部のあたりを中心として発生しているのです。

従来、その脂っぽい臭いは、加齢臭と混同されてきました。加齢臭とは原因が異なることを明らかにしたのが、大手男性化粧品メーカーのマンダムです。マンダムの研究によって明らかにされた第3の体臭は、「ミドル脂臭」と呼ばれています。

マンダムは、加齢臭が強くなるはずの年齢よりも早くから男性の臭いが強くなることに注目。体臭の変化が30歳代から始まる理由を調べました。問題の不快な臭いが、頭部とその周辺から発生していることに注目しました。加齢臭なら、臭いが強いはずの胸や背中は、この世代では臭いが気にならないことから、頭部の臭いを集中的に調査。

頭や枕から臭い成分を抽出し、解析しました。その結果、臭いの原因はジアセチルという成分であることが分かりました。ジアセチルは、20~40歳では年齢が上がるにつれて増加し、40歳を中心に発生量が多くなる成分です。汗に含まれる乳酸が、頭皮に住むブドウ球菌によって分解されて発生します。

ジアセチルは、微量でも臭いやすいのが特徴。お酢の120倍もの強い臭気を放ちます。廃油のような臭いです。強い臭いを放つジアセチルの増加傾向が、男性の体臭の最初の変化が認識される年代と一致したことで、ミドル男性特有の臭いの原因成分は、ジアセチルであると特定されました。

加齢臭対策の基本はよく洗うこと

加齢臭対策は、今や中高年のエチケット。男性も女性も、良好な対人関係を築くには、加齢臭対策は欠かせません。基本は、皮脂の分泌が多い箇所をしっかりと洗うこと。耳の後ろ、えりあし、胸、背中などが、皮脂の分泌が多い箇所です。そこをしっかりと洗いましょう。

加齢臭は、脂っぽい臭いがします。皮脂が酸化したことで発生するノネナールが原因です。酸化した皮脂が問題なので、シャワーを浴びたくらいでは、ノネナールは落ちません。石けんをよく泡立てて、十分に洗うことが大切です。

オススメなのが、柿渋入りの石けん。皮脂の酸化を防ぎ、臭いを除去するポリフェノールが有効です。柿渋なら、自然素材なので、安心して使え、ノネナールを除去する効果も実証されています。

ボディソープを変えただけで加齢臭の臭いがなくなった!?

加齢臭には食生活を正すことも重要

体内から発せられる加齢臭。体内からの改善は不可欠です。皮脂の分泌を促す脂っこい食事は控えましょう。脂っこいものを食べる時には、ビタミンCを一緒に摂るようにしましょう。ビタミンCには臭いを抑制する効果があります。

加齢臭の原因は、体内に蓄積された脂肪と活性酸素です。活性酸素を抑制する効果がある抗酸化作用のある食品を積極的に摂るようにしましょう。βカロチンを含む緑黄色野菜、ルテインを含むほうれん草、リコピンを含むトマト、イソフラボンを含む大豆、ベータグルガンを含むきのこ、ペクチンを含むリンゴ、カテキンやタンニンを含むお茶などが代表的です。

抗酸化作用がある食品は、亜鉛やセレンを含む食べ物と一緒に摂ると、効果が一層高まるとされています。亜鉛を多く含む食品としては、牡蠣、うなぎ、チーズ、レバー、卵黄、納豆、カシューナッツ、アーモンドなどがあげられます。セレンを多く含む食品としては、食パン、えんどう豆、味噌、青のり、寒天、海藻、ゴマなどがあげられます。

ストレスを溜めない生活を心がけること、ストレスも臭いの原因に

皮脂の分泌異常を起こす最も重要な原因は、ストレスと言われています。ストレスが発生すると、体内で活性酸素が大量に作られます。活性酸素は、体内の脂質と合体して過酸化脂質になります。過酸化脂質は不快な体臭の元です。

ストレスを溜めない生活を心がけましょう。運動もオススメです。1回30分以上の運動を週に2回以上は行いたいものです。

こまめにポイント箇所を拭くこと

皮脂の分泌が多い箇所は、こまめに拭くようにしましょう。耳の後ろ、背中、胸などは、汗をかいたらミョウバン溶液を吹きかけると良いでしょう。また、朝起きたら、シャワーを浴びるのもオススメ。寝ている間に分泌される余分な皮脂は、けっこうの量になるからです。朝からシャワーを浴びるのは無理という人は、ウーロン茶や緑茶を軽く含ませたコットンなどで拭くだけでも効果があります。

加齢臭にはツボを刺激するのもオススメ

加齢臭を間接的に和らげるツボを刺激してみましょう。オススメのツボは、聴会(ちょうえ)と湧泉(ゆうせん)

聴会は、皮脂の過剰分泌を抑えるツボです。耳の近くにあります。耳の穴の前にある、蓋のような出っ張りを耳珠と言います。耳珠の下端の前側にあるくぼみが聴会です。口を開けるとくぼむ部分にあります。人差し指を当て、軽く刺激しましょう。

湧泉は、足の裏にあるツボです。老化防止の特効ツボです。親指側にあるふくらみと小指側にあるふくらみが、つま先側で「人」の字形に交わったところにあります。やや強く押しましょう。お灸を据えたり、青竹踏みをして刺激しても良いでしょう。

加齢臭に悩むようになったら心がけるたい5つのこと

加齢臭は、女性にもあります。しかし、皮脂の分泌量が多い男性は、より強く加齢臭がすることがあります。また、男性は、30歳代から不快な体臭に悩まされることも分かってきました。不快な体臭に悩まされるようになったら、日常生活で注意したいことがあります。

1.皮脂の分泌が多い箇所をしっかりと洗うこと
2.脂っこいものを控え、抗酸化作用のあるものを積極的に食べること
3.ストレスを溜めない生活を心がけること
4.こまめにポイント箇所を拭くこと
5.加齢臭を間接的に和らげるツボを刺激してみること
このような対策によって、加齢臭を撃退しましょう!


(注目記事)クリアネオで加齢臭の主人のくさ〜い臭いを1週間で撃退!男性用ボディシャンプーの凄さがわかった!?

(人気の消臭)加齢臭・ワキガの強烈な臭いを完全シャットアウト!詳しくはこちらをクリック

 - 体が臭う理由

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

perspire
汗っかきの汗臭さの5つの対処法!臭わない人になるエコな方法とは?

暑い夏だけでなく、冬も汗で困ることは少なくありません。暖房の効いた満員電車で、思 …

bodyodor
旦那の体臭が染みついた服はどうしたらよい⁈ワキガ&加齢臭をとるための7つの工夫!

交際していた頃は、身綺麗にしていたので、ワキガだと気づかなかった夫。働き盛りにな …